MENU

夜職の種類を初心者向けに解説!種類・収入などナイトワークが不安なかたへ

  • URLをコピーしました!
※本記事はPRを含む場合があります。

「夜職とはどんな職種がある?」

「夜職の種類について知りたい!」

昼職に比べると、夜職は給料が高いことから、興味を持っている人も少なくありません。

しかし、夜職にも種類があり、もらえる給料にも幅があります。

今回は、稼げる夜職をランキング形式で紹介しつつ、どのくらい稼げるのかを解説します。

夜職で働きたいと思っている人や、お金を稼ぎたい人は参考にしてください。

もし、あなたが夜職をやりたいけど、ちょっと不安に思っているのであれば体の接触が少ないサービスを選ぶとよいでしょう。

体の接触が少ない夜職

・マンション型健全エステ
・チャットレディ
・ガールズバー

などは男性との接触が少ないため初めて夜職を始める方にもおすすめ。

また、チャットレディであればアダルトの場合は脱ぎもありますが相手は画面越しなので極めて安全です。

【大手のチャットレディ事務所やサービス】

事務所名特徴特典
おすすめ
ポケットワーク

・運用実績は10年以上
・全国8ヶ所に事務所があり通勤ルームは440箇所
新人ボーナス最大56,000円
紹介で15,000円ゲット
チャットレディjp

・運用実績15年以上
・全国40都道府県、140店舗以上のチャットルームあり
入店お祝い金20,000円
アリュール

・運用実績15年以上
・全国10年にチャットルームあり
・時給保証あり
入店お祝い金30,000円
アスタリスク

・スタッフが全員女性で安心
・メディア実績多数
ライバーサポート

・全国100店舗以上の通勤チャットルームあり
・FANZAライブチャットの一時代理店
・初心者も多くて安心

きちんと稼げる事務所はたくさんあるので気になる方は『おすすめのチャットレディサービス』をチェック!

結論としては、在宅チャットレディ」で高い報酬率なら「ポケットワークがおすすめ!

目次

夜職とは?種類を徹底網羅!初心者向けってどれ?

夜職といっても、さまざまな種類があります。

給与体系や働き方などが異なるため、自分にあった職業を選ぶことが大切です。

職業の例を挙げると、以下のとおりです。

夜職の種類

  • キャバクラ
  • セクキャバ
  • クラブ
  • ラウンジ
  • ガールズバー
  • コンカフェ
  • ヘルス全般
  • ソープ
  • メンズエステ
  • チャットレディ
  • メールレディ

店舗に在籍して働くものから、メールレディやチャットレディのように、自宅でできる夜職までさまざまです。

ライフスタイルに合わせて選ぶことで、無理なく働けます。

キャバクラ

キャバクラの仕事内容

  • 給与体系:完全時給制、時給制+歩合制
    →都市部:時給4,000~8,000円(高級店だと10,000円以上)
    →地方:時給2,000~5,000円
  • 仕事内容:接客、アフター、同伴出勤など
  • ノルマ・ペナルティ:場合によっては罰金あり

キャバクラは、夜職のなかでも非常にメジャーな職業です。

エリアに問わず、飲み屋街にあるイメージです。

給与体系は完全時給制の店舗もあれば、時給制+歩合制を導入しているところもあります。

引用:ショコラ

都内では、エリアにもよりますが、時給10,000円以上を超えるような店舗も珍しくありません。

主な仕事内容は接客で、男性を相手にトークをして楽しませることです。

場合によってはアフターをしたり、同伴出勤をしたりします。

また、遅刻や無断欠勤をすると、ペナルティが課される場合もあるため、注意が必要です。

セクキャバ

セクキャバの仕事内容

  • 給与体系:完全時給制、時給制+歩合制
    →都市部:時給4,000~7,000円
    →地方:時給2,000~4,000円
  • 仕事内容:接客、軽い性的なサービスなど
  • ノルマ・ペナルティ:場合によっては罰金あり

セクキャバは、セクシーキャバクラの略称で、キャバクラにやや性的なサービスが入ったような職業です。

しかし、ヘルスやソープのように抜きがあるわけではありません。
(お店で禁止されている行為です)

おっぱぶやランジェリーパブがセクキャバに該当し、以下のようなことをおもにおこないます。

セクキャバですること

  • お客とイチャイチャする
  • おっぱいを触らせる(おっぱぶの場合)

給与体系は時給+歩合制がほとんどで、ドリンクや指名などでバックが入る仕組みです。

時給は店舗次第で、都内だと5,000~8,000円程度。

引用:セクガール

アダルト耐性があり、軽い性的なサービスができるなら、セクキャバもおすすめです。

クラブ

クラブの仕事内容

  • 給与体系:時給制(1,500~2,000円程度)
  • 仕事内容:バーテンダー、接客、清掃
  • ノルマやペナルティ:なし

キャバクラなどとは異なり、クラブでの勤務も夜職です。

夜職のなかでは時給は低く、平均で1,500~2,000円程度。

仕事内容によって左右されますが、ホールで働く場合は安いです。

主な仕事内容は、カウンターでお酒を作ったり、閉店後の清掃などがあげられます。

ノルマやペナルティはなく、普通のバイト感覚で働けます。

その代わり、自由出勤制ではなくシフト制です。

自分が好きな時に働けるわけではないので、時間に融通が利く仕事を探している人には不向きです。

時給制のナイトワークで、クラブミュージックなどが好きなら、クラブで働くとよいでしょう。

ラウンジ

ラウンジの仕事内容

  • 給与体系:時給制、時給制+歩合制
    →都市部:時給3,000~4,000円
    →地方:時給2,000~2,500円
  • 仕事内容:接客
  • ノルマやペナルティ:ない場合が多い

ラウンジは、キャバクラと似ています。

お客にお酒を提供して、トークを楽しむお仕事です。

引用:バイトル

ペナルティに関してはないことが多いですが、遅刻や無断欠勤が続くと減給の可能性もあるため注意しましょう。

また、自由出勤ではなくシフト制なので、自由に働きたい人にはおすすめしません。して、トークを楽しみながら接客することが、おもな仕事内容です。

接客の仕方は、キャバクラが1対1に対し、ラウンジでは複数のキャストがお客1人を相手にすることが多いです。

一人の女の子と楽しむよりは、女の子複数人と盛り上がりたいお客が来ている印象です。

給与体系は、完全時給制と時給制+歩合制が用意されています。
(ドリンクバックなどが入ることが多いです)

時給は、都市部だと3,000~4,000円程度で、地方だと平均2,000円と安めです。

ガールズバー

ガールズバーの仕事内容

  • 給与体系:時給制、時給制+歩合制
    →都市部:時給4,000~6,000円
    →地方:時給1,500~2,500円
  • 仕事内容:接客
  • ペナルティやノルマ:ない場合が多い

ガールズバーも、ラウンジやキャバクラと似ている職業です。

おもな仕事内容は接客で、お客とお酒を飲みながらトークをします。

しかし、ガールズバーは、厳密にいうと「飲食店」に分類されるため、お客の横に座って接客はできません。

カウンターを挟んで、対面式で接客をします。

都市部だと平均時給は高めですが、地方は1,500~2500円程度です。

また、キャバクラやラウンジほど格式が高いわけではないため、気軽に働けます。

ペナルティやノルマはない場合が多いですが、当欠や無断欠勤は減給の対象になる場合があります。

人と話すことが好きな人に、おすすめな職業です。

コンカフェ

コンカフェの仕事内容

  • 給与体系:時給制、時給制+歩合制
    →都市部:時給
    →地方:時給
  • 仕事内容:接客
  • ペナルティやノルマ:ない場合が多い

コンカフェは、コンセプトカフェの略称で、お店によってさまざまなコンセプトがあります。

制服がかわいいことが特徴で、メイド服を着たり、アイドルの格好をしたりと、コンセプトによって異なります。

おもな仕事内容は接客で、ガールズバー同様に飲食店に分類されるため、対面での接客しかできません。

給与体系は時給制がほとんどで、ドリンクなどでバックが入ります。

キャバクラやラウンジほど時給は高くありませんが、都市部で2,000~2,500円で、地方で1,500~2,000円程度です。

そこまで高くないものの、昼職などに比べると十分すぎる時給です。

かわいい制服で働きたい人や、お酒が好きな人にはおすすめできます。

ヘルス全般

ヘルスの仕事内容

  • 給与体系:お店の料金×バック率
  • 仕事内容:性的サービス
  • ペナルティやノルマ:あり
  • ヘルスの種類:デリヘル、箱ヘル、ホテヘル

ヘルスは、性的なサービスをおもにおこなう職業です。

挿入は一切なく、手こきやフェラなどをして、男性を満足させることが仕事です。

給与体系はやや特殊で、お店の料金にバック率をかけた金額が給料になります。

大衆店だと、70~80%が平均です。

例えば90分20,000円コースをお客が利用し、バック率が80%だった場合は、16,000円が給料になります。

また、ヘルスには種類があり、以下に分けられます。

ヘルスの種類

  • デリヘル:お客のホテルや自宅に出向くサービス
  • 箱ヘル:店舗でサービスをする
  • ホテヘル:指定されたホテルでサービスをする

ヘルスの種類によって時給が変動することはありませんが、高級店か大衆店かなどで変動することはあります。

夜職のなかでも、非常に稼げる職業なので、稼ぎたい人にはおすすめです。

ソープ

ソープの仕事内容

  • 給与体系:バック率によって異なる
  • 仕事内容:性的サービス(挿入あり)
  • ノルマやペナルティ:あり

ソープは、夜職でも非常に稼げる仕事です。

ヘルスと似ているため勘違いする人が多いですが、ソープでは基本的に挿入ありきのサービスをおこないます。

お店によっては、完全ゴム着のところもあるため、求人などで確認しましょう。

引用:バニラ

給与体系はヘルス同様に、バック率によって異なります。

お店によっては、コースでバックする金額が決められています。

求人などでは、「日給○○円以上!」などと書かれているため、面接の際に聞いておくとよいでしょう。

ノルマやペナルティはお店にもよりますが、無断欠勤や当欠などは減給になる場合があります。

完全日払いのお店もあるため、すぐにでもお金を稼ぎたい人はソープがおすすめです。

メンズエステ

メンズエステの仕事内容

  • 給与体系:お客のコース×バック率
  • 仕事内容:マッサージ
  • ノルマやペナルティ:場合によってはあり

メンズエステは、マッサージをおもにおこなう夜職です。

オイル系のマッサージから、指圧のマッサージまですることはさまざまです。

あくまでも、メンズエステは「マッサージ店」なので、性的なサービスは禁止されています。

そのため、フェラや手こきすらサービスに入っていません。

しかし、場合によっては女の子が、お店のサービスとは別にするケースも増えています。
(その場合は別途料金をもらう)

給与体系は、お客が選択したコース×バック率で計算され、平均で60~70%程度です。

よほどなことがない限り、ノルマやペナルティはありません。

最近では、メンズエステで本番交渉をしてくるような人がいますが、あまりにも厄介な場合はお店に通報しましょう。

しつこいお客は、出入り禁止にできるので安心です。

チャットレディ

チャットレディの仕事内容

  • 給与体系:完全出来高制
  • 仕事内容:チャット配信、ビデオ通話・音声通話、メールのやり取り、画像・動画投稿など
  • ノルマやペナルティ:規約に違反するとアカウントが停止する

自宅で働きたいという人は、チャットレディがおすすめです。

専用サイトに登録して、配信をして稼いでいきます。

完全出来高制になっており、配信時間×報酬額で報酬が決まります。

FANZAライブチャットを例に挙げると、最大1分あたり50%が還元する仕組みです。

1分250円のチャットの場合、1分あたり125円が報酬になります。

配信以外にも、ビデオ通話やメールのやり取り、画像や動画の投稿などで稼いでいきます。

ノルマやペナルティは、各サイトの規約によって異なりますが、無修正配信は基本的にアウトです。

平均月収は女の子次第で、月100万円以上稼ぐ子もいます。

店舗で働きたくない人は、チャットレディのような自宅でできるお仕事を選ぶとよいでしょう。

メールレディ

メールレディの仕事内容

  • 給与体系:完全出来高制
  • 仕事内容:お客とのメール、画像や動画の投稿、音声通話・ビデオ通話など
  • ノルマやペナルティ:チャットレディと同様

メールレディは、チャットレディとすることはほとんど変わりません。

しかし、チャットレディに比べると、おもな仕事内容はメールになります。

専用のサイトに登録して、メールを送ると1往復当たり30~40円程度の報酬がバックします。

これを繰り返すことで、稼いでいく仕事がメールレディです。

ただ、メールのみで稼ぐことは難しく、画像や動画を投稿したり、音声通話をしたりして稼いでいきます。

チャットレディのように、自宅で仕事ができるため、自分のペースでゆっくり稼ぎたい人にメールレディは向いています。

夜職はどのくらい稼げる?人気の職種をメインに解説

夜職は、昼職などに比べると稼げます。

時給制のところもあれば、時給制+歩合制のところもあります。

しかし、実際どのくらい稼げるのかわからないという人も少なくありません。

そこで、以下の職業を対象に検証しました。

稼げる夜職一覧

  • キャバクラ(在籍)
  • ラウンジ
  • チャットレディ
  • メールレディ
  • ヘルス全般

また、各職業のメリット・デメリットについても紹介します。

ほかにも時給や歩合などを詳しく紹介するので、参考にしてください。

キャバクラ(在籍)

キャバクラには、在籍と派遣が挙げられます。

在籍はその名のとおり、お店に在籍して働くことであり、売り上げによってナンバーなどが決まります。

夜職のなかでは、もっとも稼げる仕事であり、もらえる給料の幅も広いです。

キャバクラの給料について

  • 時給制+歩合制がほとんど
  • ドリンクや指名の数によってバックが入る

キャバクラは、時給制と歩合制の両方を導入しています。

売れてくると、完全歩合制に切り替える人もいます。

時給は6,000~8,000円程度で、高級店になってくると10,000円以上を超えることが多いです。

歩合は、ドリンクや指名本数によって変動します。

ドリンクのバックは、お店によって割合が決められており、ドリンクの金額×割合が報酬です。

ナンバーに入っていない人でも月に20~30万円ほど稼げる仕事で、上位に入っている人は月に1,000万円以上稼ぐ人もいます。

メリット

キャバクラ(在籍)のメリット

  • 夜職のなかでも稼ぎやすい
  • 自由にシフトを組める
  • 時給が高い
  • 人脈が作れる
  • トーク力が身につく

キャバクラは、夜職のなかでも非常に稼ぎやすく、バックがなくても月20~30万円程度稼げる仕事です。

人気嬢になってくると、月100万円以上稼ぐ子は当たり前で、トップに入ると1,000万円以上を超えます。

シフトはお店と相談しながら決めますが、自由に組める場合がほとんどです。

また、キャバクラに来るお客は、ある程度お金を持っている人なので、人脈つくりにもつながります。
(女の子によってはお客と結婚する場合もある)

接客がメインの仕事になるので、トーク力も身に付きますし、何かとメリットが多い職業です。

デメリット

キャバクラ(在籍)のデメリット

  • 生活リズムが不規則になる
  • 抱えるストレスが大きい
  • 心身的な負担
  • 社会的な偏見

お金が稼げる店はメリットですが、デメリットもあります。

一番は、生活リズムが崩れることです。

最近では昼キャバも増えてきましたが、ほとんどの場合が夜から深夜までの営業です。

そのため、人によっては昼夜逆転することも少なくないとか。

また、対人関係のストレスを抱えやすく、痛客に遭遇すると日常的にイライラします。

お酒を飲む職業ではあるため、精神的にも肉体的にも負担がかかります。

最近では少なくなりましたが、夜職な点では社会的偏見もゼロではありません。

お金が稼げるため割り切っている人が多いものの、長くは続けられない仕事です。

ラウンジ

ラウンジは、キャバクラとは異なり、ナンバーなどはありません。

仕事は接客がメインで、一対一で接客をするようなキャバクラとは異なり、お客1人に対し複数人で盛り上がるような職業です。

ドリンクバックなどもありますが、基本的には時給制を導入しています。

ラウンジの給料について

  • 時給制がほとんど
  • ドリンクや指名などでバックが入る

都市部の平均時給は、3,000円~4,000円です。

それにプラスして、ドリンクや指名などでバックが入ります。

店舗にもよりますが、普通のラウンジで月40~50万円ほど稼げます。

高級ラウンジになると、月80万円以上稼ぐ子もいるため、大きく稼ぎたい人におすすめな職業です。

メリット

ラウンジで働くメリット

  • 時給が高い場合が多い
  • シフトが自由に調整できる
  • 人脈が作りやすい
  • トーク力の向上
  • キャバクラよりもカジュアルに働ける

ラウンジは、地方でも時給が高い店舗が多いです。

キャバクラのように派手に稼げる店舗は少ないですが、昼職などに比べると稼げる仕事です。

そのほかのメリットはキャバクラと変わらず、シフトに融通が利く点やトーク力が向上する点が挙げられます。

キャバクラと異なる点は、カジュアルに働ける点です。

キャバクラは、売り上げノルマなどを設定している店舗もあり、女の子同士で競うことが多いです。

その点、ラウンジはナンバーがないため、売り上げで競争するようなことはありません。

また、接客も複数人の女の子が一人のお客につくことが多く、キャバクラよりもカジュアルです。

デメリット

ラウンジで働くデメリット

  • 生活リズムが崩れやすい
  • ストレスがかかりやすい
  • 心身ともにストレスがかかる
  • 社会的な偏見がゼロではない

ラウンジは、基本的に夜から深夜にかけてオープンしているため、昼夜逆転する人もいます。

生活リズムが崩れて、人によっては自律神経が乱れることもあります。

また、キャバクラほどではありませんが、対人関係でのストレスも多いです。

痛客と連絡先を交換すると、仕事に関係ないような内容でメッセージを送ってきます。

お酒を飲む仕事なので、心身ともにストレスがかかります。

キャバクラ同様に、社会的偏見もあるため、働く際は割り切ることが大切です。

チャットレディ

チャットレディは、キャバクラやラウンジとは異なり、ネットで働く仕事です。

おもな仕事は配信で、お客が配信を視聴した時間×サイトが指定する報酬額が、報酬になります。

配信の方式は、以下の二つに分けられます。

チャットレディの配信方式

  • 2ショットチャット:マンツーマンでチャットをする方式
    →視聴時間×報酬額が報酬になる
  • パーティチャット:複数人の人が閲覧できるようにする方式
    →視聴時間×報酬額×人数が報酬になる

報酬額が高いのは2ショットチャットですが、閲覧する人数によってはパーティチャットのほうが高くなります。

FANZAライブチャットを例に挙げると、2ショットチャットで1分125円、パーティチャットで1分50円の報酬が発生する仕組みです。

例えば、パーティチャットで30分間5人のユーザーが視聴した場合は、「50円×30分×5人=7,500円」が報酬になります。

平均月収は登録しているサイトにもよりますが、20~30万円程度です。

しかし、トップランカー(ランキング上位者)の場合は、月100万円以上稼いでいる人もいます。

在宅勤務で稼ぎやすい仕事なので、非常におすすめです。

メリット

チャットレディで働くメリット

  • 自宅で自由に働ける
  • 高収入
  • 自分でスケジュールを調整できる
  • 身体的な負担はほとんどない
  • トーク力が身につく

チャットレディの最大のメリットは、自宅で自由に働ける点です。

事務所に入らない限りは、自宅で配信することになります。

配信時間も自分で決めていいので、自由に調整できます。

また、チャットレディとよく比較されるのが、ヘルスやソープなどの夜職です。

それらの職業に比べると、お客を直接サービスするわけではないので、身体的な負担はほとんどありません。

その代わり、精神的なストレスがかかりやすく、注意が必要です。

主な仕事は、画面越しでの接客で、トーク力が身につく点もメリットです。

デメリット

チャットレディで働くデメリット

  • 身バレするリスクがある
  • 情報が漏洩するリスクがある(画面のスクショなど)
  • 収入が不安定
  • 孤独を感じやすい

チャットレディは、どのような男性が閲覧しているのかはわかりません。

知り合いが見ていたとしてもわからないので、身バレするデメリットはあります。

また、スクショはサイトの利用規約で禁止されていますが、人によっては無断でする人もいます。

動画サイトには、配信を無断転載している人もいるため、スクショ防止の対策も必要です。

さらに、チャットレディは配信時間×報酬額がメインの報酬です。

視聴されれば報酬が発生しますが、お客が来なければ一銭も稼げません。

そのため、収入が不安定になりやすい点もデメリットです。

安定して稼ぎたいなら、固定客をつかむことを意識しましょう。

メールレディ

メールレディは、チャットレディとは異なり、メールでやり取りすることがおもな仕事です。

専用のサイトも用意されており、女の子が稼ぎやすい環境が整っています。

メールレディの報酬は、メール1通当たる○○円と決まっており、20~40円が平均です。

メールだけで稼ぐ人もいますが、以下も仕事です。

メールレディの仕事(メール以外)

  • 音声通話、ビデオ通話
  • 画像投稿、動画投稿

メールレディで稼ぐためには、メールの数をこなす必要があります。

アタックメールと呼ばれるメールを送って、返信があった人とやり取りをして稼いでいきます。

月収は人によって異なりますが、10~20万円程度が平均です。

しかし、音声通話やビデオ通話などを合わせると、月50万円以上稼ぐ人もいます。

そのため、メールレディで稼げるかどうかは、その人次第です。

メリット

メールレディで働くメリット

  • 自宅で気軽に働ける
  • 時間と場所を気にすることなく働ける
  • 人と接することがない

メールレディは、自宅で気軽に働ける点がメリットです。

時間と場所を気にする必要はなく、どこにいても仕事ができます。

また、チャットレディのように、配信をする必要がないため、直接的な男性との接触はありません。

メールだけで完結するなら、ストレスもそこまでかかりません。

しかし、メールレディは文字だけで感情を伝える必要があります。

通話をするよりも難しいことで、メールをしているうちに言語力も向上します。

デメリット

メールレディで働くデメリット

  • 収入が不安定
  • メールだけでは副業レベルでしか稼げない
  • コツコツした作業を続ける必要がある

メールレディはチャットレディ同様に、収入が不安定です。

報酬が発生するポイントはさまざまですが、メールを例に挙げると、男性からメールが来ないと報酬になりません。

アタックメールを送ったところで、閲覧しただけでは報酬にならないため注意が必要です。
(画像や動画付きメッセージの場合は開いただけで報酬になる)

また、メールだけで稼ごうと思うと、膨大な量を返信しなければなりません。

それに、1通当たりの報酬額が低いため、稼げても副業レベルで終わってしまいます。

ガッツリ稼ぐ場合は、メールのほかに音声通話やビデオ通話をする必要があります。

また、メールレディはコツコツした作業の連続なので、苦手な人には不向きです。

ヘルス全般

ヘルス系の仕事は、キャバクラの次に稼げる仕事です。

さまざまなジャンルがありますが、一般的にはデリヘル、箱ヘル、ホテヘルに分けられます。

いずれもメジャーで、全国的にはデリヘルが多いです。

性的なサービスが仕事内容ですが、挿入は一切ありません。
(お店で禁止されています)

手こきや素股、フェラなどがおもなサービス内容です。

給与は、お店のバック率によって異なります。

コース料金×バック率が報酬になるため、稼ぐならバック率が高いお店がおすすめです。

報酬シミュレーションをすると、以下のとおりです。

ヘルス系の報酬シミュレーション

  • 90分コース25,000円
  • バック率:70%
  • 実際にもらえる報酬:17,500円

上記にプラスして、指名料やオプション料などが追加されます。

日払い対応をしているお店も多いので、急にお金が必要な人にもおすすめです。

月収は人にもよりますが、平均で50~60万円程度です。

人気の女の子になってくると、100万円以上稼ぐ人もいるため、夢がある職業といえるでしょう。

メリット

ヘルス系で働くメリット

  • 高収入
  • 自由にシフトが決められる
  • サービスの時間しかお客と接さなくていい
  • 服装やメイクが自由

ヘルス系は、いずれも高収入です。

求人サイトを見ても、日給70,000~100,000円を保証しているところも多いです。

また、働く日はお店と相談しながら決められます。

自由にシフトが決められるため、時間に融通が利く点もメリットと言えるでしょう。

さらに、デリヘルはホテルや自宅などに出向いてサービスをするので、その間しかお客との接触はありません。

必要以上にお客と接したくない人には、おすすめな働き方です。

服装やメイクも自由なので、自分らしく働けます。

デメリット

ヘルス系で働くデメリット

  • 身体的、精神的な負担とストレスがかかる
  • 社会的な偏見がある
  • 身バレするリスク

ヘルス系は、チャットレディやメールレディに比べると、直接お客に性的サービスをしなければなりません。

そのため、身体的にも精神的にもストレスがかかります。

長く続ける場合は、収入が高いと割り切るしかありません。

また、ヘルス系はどうしても社会的偏見があります。

職業を説明する際に、うそをつく人もいるため、デメリットと言えるでしょう。

お店の写真には、モザイクがかかっていますが、状況次第では身バレするリスクもあります。

その場合は、お店を変えたり、夜職を上がったりするなどして対応しなければなりません。

安心して働ける夜職の見つけ方

昼職は、求人サイトや雑誌の掲載から探すことが多いです。

夜職を探す場合は、以下の方法があります。

安心して働ける夜職の見つけ方

  • SNSで探す
  • 求人情報サイトで探す

夜職は、職業柄やや特殊なので、SNSで募集されていることがあります。
(おもにTwitter)

SNSだから危険というわけではなく、店舗の公式TwitterのDMから気軽に応募可能です。

不安な人は、事前にお店について調べてから応募するとよいでしょう。

また、夜職専門の求人情報サイトなどもあるため、お仕事を探す際に便利です。

SNSで探す

夜職は、主にTwitterで「○○ 求人」などと調べると出てきます。

キャバクラの場合は、「都内 キャバ」などで調べましょう。

その際、以下のようなツイートが出てきます。

スカウトがツイートしているパターンもあれば、お店がツイートしているパターンもあります。

どちらもおすすめですが、安全面を考慮するなら、公式TwitterのDMから連絡しましょう。

スカウト経由でも仕事は見つかるものの、悪質なお店をあっせんされる可能性があるからです。

「エリア名 職種」で調べると、アカウントが出てくるので、アクティブなアカウントがあれば連絡します。

場合によっては、公式ラインを公開していることもあります。

話を聞くだけでも参考になるので、連絡するとよいでしょう。

求人情報サイトで探す

SNSでは不安な人は、求人情報サイトもおすすめです。

「職種名 求人」などで調べると、さまざまなサイトが出てきます。

夜職を希望しているなら、バイトルなどのバイト系サイトではなく、夜職専門の求人サイトがおすすめです。

夜職求人サイトの例

  • バニラ
    →夜職全般の求人を募集しているサイト
  • ショコラ
    →バニラ同様

バニラは、全国でトラックが走っているため非常に知名度があります。

夜職求人がメインで、全般募集されているイメージです。

また、求人サイト経由で採用が決まると、お祝い金がもらえるケースもあります。

SNSよりも安心してお仕事を探せるので、夜職選びの参考にしてください。

まとめ【自分にあった夜職を見つけて稼ごう!】

夜職で働く場合は、職種選びが重要です。

自分がどのような職種で働きたいかを決めたうえで、選びましょう。

目的別で改めて夜職を紹介するので、選ぶうえでの参考にしてください。

目的別の夜職一覧

【給料が高い職場で働きたい】

  • キャバクラ(在籍)
  • ヘルス全般
  • チャットレディ
  • メールレディ
  • ラウンジ

【自分のペースで働きたい】

  • メールレディ
  • チャットレディ
  • ヘルス全般

また、同じ職業でも店舗やエリアによって給料が変わります。

その点、メールレディやチャットレディは在宅でおこなうほか、エリアによって報酬が左右されることはありません。

自分のペースで働きつつ、稼ぎたい人はメールレディかチャットレディを選ぶのもよいでしょう。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次